遺産相続や離婚・養育費に関することは弁護士にサポートしてもらおう

退職の理由

男の人

勤勉で仕事へ励む人ほど、証拠のない場合がある

ここ数年のうちには、団塊の世代の人口が、退職していて人手不足の状況へ一転するといわれます。ただしそれは、相対的なものですので、実際はリストラが横行しています。リストラにブラック企業と、呼ばれる無作為な、人事配慮しかしない企業のことなのです。不当解雇は弁護士相談で、会社との交渉の対応をします。大抵の場合は 急なリストラのあまり、裁判に訴えたいものが多くあるでしょう。弁護士は不当解雇に至るまでの、経緯を聴取して証拠を集めます。裁判の場合は契約の際の書面や、メールの内容、口頭でのやりとり、が証拠品として集められます。そうなると、勤勉に勤務に励んでいた人の、大半が不当解雇で泣き寝入りする現状があります。

弁護士は双方の仲介役

こうしたなかでも、実際に過超勤務で働いた時間を認めてもらえない、未払い残業の問題があります。未払いの残業代になると、タイムカードを隠されたり、隠ぺいされたりします。あたり前ですが、これは不当解雇に当たります。会社側も必死の攻防を、社員とかわしていて、一円でも得をするように経理処理したいのです。ですが実際に誰かが、会社へ打診せずには、未払い残業の問題は解決しません。弁護士は依頼者の意向に沿って、泣き寝入りしない対策を講じます。どうして不当解雇にいたったのか、まず依頼主から丁寧に、事情聴取をするのです。本来なら会社と当事者同士の 問題ですから、弁護士が仲介者となり、会社に問い合わせをします。まずは口頭での、連絡のみで事態が解決することもあるからです。

不当解雇トラブルを弁護士に相談する人は、年々増えてきています。労務問題をエキスパートとする弁護士の先生も多いため、30分無料相談会で状況を相談してみると役立つアドバイスをいただけることもあります。問題解決しないとココロにモヤモヤが残ってしまい新しい仕事に身が入らなかったり、新しい仕事を探すにも同じようにまた不当解雇をされたらどうしようと不安な気持ちになり、前向きになれないこともあるため、ひとりで悩まずにまずは相談しましょう。問題解決してスッキリした気持ちになる日が近づいてくるはずです。