遺産相続や離婚・養育費に関することは弁護士にサポートしてもらおう

プロに相談して解決する

本

相続は避けて通れない重要な問題ですが、争続にならないように事前に準備しておく事が大切です。トラブルを極力避ける方法としては弁護士に相談をする事が考えられます。弁護士はそれぞれ専門分野がありますが、近年は高齢化社会を反映してか相続専門の弁護士が増えてきています。相続は知識だけでなく、それぞれの相続問題で起こる問題は違いますので、経験や実績が重要です。なるべく相続問題を穏便にすませるにはこの実績や経験が豊富な相続専門弁護士に相談をする事が大切です。相続が起きる前であれば遺言の作成が弁護士業務の1つですが、実際に相続専門としのサービスを展開できるのは相続発生後です。相続発生後は相続放棄、遺留分減殺請求や金融財産や不動産の名義変更手続きの他、最も重要な事は遺産分割調停等です。調停や裁判は長期間に及ぶと経済的負担も増しますので、極力短時間で解決する事が大切です。またこれ以外には相続発生後のトラブルや精神的負担を少しでも減少出来るようアドバイスを行う事がサービスの中心となります。相続には弁護士で解決できる問題以外に相続税なども問題がからみます。よって相続専門のサービスを展開している弁護士は、税理士や他の士業と提携する事で相続のワンストップサービスを提供できる体制を整えているケースもあります。相続はその家庭によっておこる問題も違ってきますが、全般的に適切なアドバイスを行う事が最も求められているサービスと言えます。