遺産相続や離婚・養育費に関することは弁護士にサポートしてもらおう

遺産の相続方法

本とジャッジガベル

相続税には非課税のものがある

被相続人が亡くなったときには、家族で遺産を分割して相続税を支払わなくてはいけません。 相続税は遺産を継承した段階で支払う義務が生じるため、正しい計算を行って納税する必要があるのです。 ただし、相続税はすべての遺産に関して必ず支払わなくてはいけないわけではありません。 非課税のものが存在するのです。 遺された家族が余計な税金で苦しまないように、被相続人はなるべく非課税のものを準備しておいたほうが良いのです。 非課税のものは法律によって基準が定められているため、それを見ることによって簡単に準備することが可能です。 例えば、生命保険などは税金の控除が適用されるため普通の財産よりも納税額が遥かに小さくなります。 こうした対処は生前にきちんと行っておくことが大切です。

財産の計算は面倒なことがある

生前に被相続人が財産の整理を行うのは、何も相続税に関する問題があるからだけではありません。 財産の計算が非常に面倒だからという面もあるのです。 基本的に、亡くなった人の財産は現金だけのわかりやすいものではなく財産上で価値のあると判断されたものの全てを含みます。 例えば、不動産や有価証券などは典型で亡くなったときにはそれらの財産を全て調べなくてはいけません。 もちろん、海外に財産が存在すればそれも計算しておく必要があるのです。 すべての財産を計算してそこから税金の額を算出するためには専門的な知識が必要であるためその手続きが複雑なのです。 このような事態にならないようにするためにも、被相続人は財産をまとめて非課税のものを用意しておくことです。