遺産相続や離婚・養育費に関することは弁護士にサポートしてもらおう

お金の返済

バッジと本

弁護士か司法書士に依頼しましょう

借りていたお金を返済できなくなり、返済計画を立て直しても難しい場合は、債務整理をお勧めします。債務整理には任意整理や自己破産といった方法がありますが、いずれの場合も弁護士または司法書士に依頼して手続きを行います。 任意整理は、債務を一定の期間内に分割返済するもので、そこそこ収入があるとか、売却できる家財道具のある人に向いています。一方自己破産は、収入が少なく、売却できるものがない場合に、裁判所に破産宣告をして、債務を帳消しにしてもらうものです。この場合は、官報に氏名が記載されますが、よほどのことが無い限り、これを見る人はそういません。着手金と報酬を合わせた相場は、任意整理が約25万円、自己破産が約30万円ですが、これは事務所によってかなり異なり、着手金を受け取らない事務所もあります。

お金をかけずに債務整理をするには

しかし、債務整理をしたくてもお金が無くて、弁護士や司法書士の費用を出せないということもあります。そのような場合は、法テラスの無料相談がいいでしょう。無料で話を聞いてもらえるだけでなく、その人に合った弁護士や司法書士を紹介してもらえますし、民事法律扶助といって、一時的に費用を立て替えてもらうこともできます。 また、弁護士や司法書士を介さずに、自分で債務整理を行うこともできます。特定調停といわれるもので、自分で裁判所に申立をして、調停を通じて金融機関と交渉を行い、返済額を決めるものです。合意に達すると調書が作成されますので、それに従って返済をします。経費が切手代と印紙代程度なので、お金がかからないのがメリットですが、定期的に簡易裁判所に出頭する必要があります。