遺産相続や離婚・養育費に関することは弁護士にサポートしてもらおう

破産は弁護士にまず相談を

天秤

弁護士に頼む方がいい理由

借金を返せなくなって自己破産を考えている人は少なくないはずです。法律事務所で弁護士に依頼するべきか、それとも司法書士事務所に頼むべきかで迷う人も多いでしょう。どちらでも引き受けてもらうことはできますが、司法書士の場合は金額によって引き受けてもらえないこともあります。法律によって司法書士が自己破産を受任する時は、1社あたりの債務額が140万円までと定められているからです。また、法律事務所に頼んだ方が同時廃止までの期間が短くなるとされています。あるいは少額管財の時に管財人になってもらえるといったメリットもあります。同時廃止というのは、破産申立てをしてすぐに免責が下りることです。初めての自己破産の場合、個人で財産がほとんどない場合はこの同時廃止が多いです。少額管財というのは、財産が少しある場合に管財人が選ばれ、その財産を管理及び処分します。そして債権者に配当することをいいます。管財人には弁護士がなることが多いので、その意味でも法律事務所で依頼する方がおすすめです。この時は裁判所に予納金を支払います。この予納金は10万円ほどのこともあれば、50万円ほどかかることもあります。一括でなく分割払いができることもあります。このような点から、自己破産を考えている時は、法律事務所に行って相談をしてみるといいでしょう。知り合いの弁護士がいない時は、法テラスで紹介してもらうこともできます。費用は事務所によって違いますが、40万円ほどが相場となります。この場合も、一括で支払うのが難しい時は相談してみましょう。分割で支払えることがあります。